模型製作記 我が道を往く

フォードGPA 製作記 18

最後の追い込みの様子です。

草は麻紐で表現しました。まず麻紐をほぐして段ボールに貼り付けて、

e0237972_230888.jpg


緑を吹いて、

e0237972_2305228.jpg


ちょっとずつカットしてベースに貼り付けました。やっぱり手作り感満載です(笑)

e0237972_2313487.jpg


e0237972_2322360.jpg


木はどうしようか悩んだ挙げ句、製作していた物はイメージに合わずボツとしました。しかし木がないとバランス的にまとまらないので、裏の空き地に探索に出掛けました。この師走に完全に怪しいオッサンでしたが、なんとか運良く丁度良い根を持った木をゲットできました。(写真を撮る余裕もなかったです)

葉っぱは「オレガノ」で表現することにしました。なぜオレガノかというと、パセリよりも若干大きめだったという事だけで特にこだわりはありません。

e0237972_2331661.jpg


はじめは木の根部分に水で溶かした木工用ボンドを塗り、オレガノを振りかけてみたのですが、全くボリュームが足りずダメでした。次は綿を貼り付けて何とかならないかと考え、麻紐をほぐして丸めたものを貼り付けてみましたがやっぱりダメ。 苦肉の策で接着剤替わりに艶消しクリアのスプレーを吹き、その上にオレガノを振りかけてみたらなんとビックリ。自分の予想を遥かに越えていい感じになりました。

e0237972_2335247.jpg


e0237972_2342177.jpg


鉄道模型で良く見かけるスポンジの木はおもちゃっぽく見えて大嫌いで
、綿状の物を貼り付けて木を表現することは自分の中ではなかったのですが、ボリュームアップの為に利用するのはありということに気付きました。当たり前っちゃ当たり前の事なのですが、思い込みだけでダメだと高をくくっていた事も、発想をちょっと転換するだけで事態が変わる事もあると改めて気付かされました。ちょっとオーバーかなf(^_^)
[PR]

by tanap2351 | 2012-01-01 02:34 | フォードGPAシープ
<< フォードGPA 製作記 完成 フォードGPA 製作記 17 >>